小山裕史博士の紹介
▶ 初動負荷
   トレーニング®とは
▶ 小山裕史博士の紹介
▶ コーチング
   スタッフ紹介
▶ 入会案内
▶ よくある質問
小山裕史先生の推薦のお言葉
初動負荷トレーニング®(BMLT)とワールドウィング®富山

初動負荷トレーニング®は,
♠各種アスリートの故障・筋肉痛の発生を防止し, 競技力を高める.
♠筋肉の柔軟性, 関節可動域を高める.
♠骨折, 靭帯損傷を含む運動機能障害の早期改善, 麻痺改善.
♠児童の体力, 運動機能向上.
♠アンチ・エイジング, 御高齢者の日常動作能力の改善.

などに代表される身体機能向上の成果から, 数多くの科学的検証とその有効性を示唆する報告が重ねられてきました.
国内外で活躍する数多くのプロ/オリンピックアスリート採用のトレーニングとしても知られます.
☆2005年~2010年;文部科学省の「学術フロンティア研究プロジェクト」
☆2005年、厚生労働省主催・介護予防市町村モデル事業
☆2007年~現在:東京都(町田市、豊島区、相模原市)高齢者の為のマシントレーニング事業に採択されています.
身体機能向上には, 『神経と筋肉の機能連関、協調性を高めること;neuro-muscular coordination』が大切で不可欠と
され,年齢, 性差,そして日常生活からスポーツにわたる重要なこのテーマに関する研究は世界中で行われ, 従来の
筋力トレーニングなどでは成し得ないことや, 具体的な実現方法を見出すことの困難さが報告されてきました.
初動負荷トレーニング®は, 前記の各種例が示します通り, これら身体機能向上を世界で初めて可能にした理論とその
トレーニング方法として, 年齢, 性差, ジャンルを問わず多くの皆様にご活用頂いています.

☆Koyama Y et al.(2010) :Enhancing the weight training experience :a comparison of limb kinematics and
EMG activity on three machines. European Journal of Applied Physiology, 109(5):789-801.

♤ストレスを除きながら, 柔軟性, 反射能力を高め, 神経筋活動を賦活化し, また, 強制的な血圧/心拍上昇を招かない
快適でリズミカルな動作の特徴と成果は, ***B.M.L.カム(国際特許)を搭載した****初動負荷トレーニングマシーン®
(国際特許)エクササイズを大きな要因としています.
心身の質を高めるwell-beingの獲得に有効な初動負荷トレーニング®の北陸初の本格的施設:ワールドウィング®富山を,
皆様, どうぞ十分にご活用を頂き,沢山の笑顔で溢れますようにと祈念いたします.

(株)ワールドウィングエンタープライズ代表
小山 裕史  博士(人間科学)(早稲田大学)

*初動負荷トレーニング®(BMLT)
1994年 「初動負荷理論(BMLTh)」とともに, 小山 裕史 発表.
*ワールドウィング®富山
設立2011年3月8日
***B.M.L.カム(国際特許)
United States 2011: 日本2010
****初動負荷トレーニングマシーン®(国際特許)
United States 2010 : 日本2008, 2010 : 韓国2010 : 中国2010
香港2010

小山裕史先生の紹介

小山 裕史(こやま やすし)
1956年11月14日生まれ
博士(人間科学)   (早稲田大学)
   専攻・初動負荷理論
      ・制御(神経筋制御)(運動制御)
      ・バイオメカニクス
1994年、初動負荷理論®を発表し、翌年トレーニング科学研究会に承認される。
その後、(財)日本陸上競技連盟、(財)日本水泳連盟、(財)日本柔道連盟の
フィットネス・コーチ等を歴任。

その他の経歴

鳥取大学客員教授(医学部)、(財)日本スケート連盟・(財)日本陸上競技連盟・(財)日本水泳連盟
(財)日本柔道連盟のフィットネスコーチ、科学サポート班等を歴任。

主な著者

■ 小山裕史のウォーキング革命 初動負荷理論で考える歩き方と靴
(講談社 2008年)
■ 奇跡のトレーニング
(講談社 2004年)
■ 初動負荷理論による野球トレーニング革命
(ベースボール・マガジン社 1999年)
■ 新訂版・新トレーニング革命
(講談社 1994年)
■ 夢の途中で
(講談社 1987年) など